読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Develop and Design Note

フロントエンドなデザイナーの覚書

アラサー社会人におすすめの自己啓発本6選

今回は、アラサー社会人におすすめの書籍紹介です。
社会人として年齢を重ねてくると、若いころにはなかった新たな課題に直面するようになります。
それは、若手の育成だったり、リーダーシップ、偉い人たちとの政治、過程よりも結果、自立や冷静さなど、多岐にわたります。
特に、内向型の人であると、どうしても声の大きい人、喋りのうまい人の陰に隠れてしまい、なかなか周囲に認められなかったります。
それでも、社会の中で、前を向いて生きていく術があるのだとしたら、トライしてみたいと思いませんか?
そんなヒント探しの一助になれば。

夢をかなえるゾウ

一時期ベストセラーになったので、このタイトルは知ってる人も多いと思います。
主人公は内向型の平凡な若手サラリーマンで、神様?の「ガネーシャ」とともに、社会の中での生き方を学んでいきいます。
中身はコメディータッチのフィクションなので、リラックスしながら読めます。

夢をかなえるゾウ文庫版

夢をかなえるゾウ文庫版


さあ、才能に目覚めよう

こちらもブームになった有名な書籍ですね。
心理テストに答えていくことで、自分の個性となる5つの資質や、その活かし方を教えてくれます。ただの安い心理テストではなく、しっかりした研究に基づくものなので、けっこう説得力があります。
自分がやった結果は、以前のブログでも紹介しました(社会人6年目だけど、ストレングス・ファインダーやって、自分の強みを考えてみた - Web Design Note)。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす


アドラーに学ぶ部下育成の心理学

最近よく聞く「アドラー」の心理学に基づいた、部下育成に関する書籍です。
部下との接し方は、思ってる以上に難しいもので、思うように仕事をしてくれなかったり、サポートが余計なお世話だったり、一筋縄ではいきません。突然キレられたり、泣かれたりなんてこともあります。
自分がどこか間違っていたのかもしれないと思いつつも、それがはっきりとわからず、悶々とすることがあったら、一度読んでみることをおすすめします。
親が子どもをどう育てていくかにも応用できる内容です。

アドラーに学ぶ部下育成の心理学

アドラーに学ぶ部下育成の心理学


「課長」から始める社内政治の教科書

同じ会社で年齢を重ね、成果を上げていけば、役職についたり、何かしらの肩書きがついてきます。
しかし、それは、それまでの手を動かすプレイヤーの延長線上ではなく、違う立場「社内政治の一員」になったことを意味します。
社内政治には、権力闘争や派閥争い、責任転嫁など非情な側面があります。人情も正論も通用しません。どんなに嘆いても、それは避けることのできない現実であって、戦っていくために、自分も武装するしかないのです。
武装すべきものが何なのか、勉強してみてはいかがでしょうか。

「課長」から始める 社内政治の教科書

「課長」から始める 社内政治の教科書


チームのことだけ、考えた。

サイボウズのことは、「サイボウズ式」というメディアサービスで知りました。
僕は、会議の参加者が好き勝手に喋る状況に頭を抱えていた時期があり、原因や解決策についていろいと調べていた時に、チームを破壊しているのは議論好きなあなた | サイボウズ式という記事に出会い、とても共感できる内容だったので、強く印象に残っていました。
それで、「サイボウズってなんだ?会社?」となって、興味が沸いたので、手にとって読んでみた本です。
サイボウズは、今現在は、画期的で先進的な組織、チームづくりをしている会社として注目されているのですが、その具体的な手法や、それに至るまでの試行錯誤の歴史が紹介されています。
自分の会社もそこそこ先進的だと思っていたのですが、これを読んで、サイボウズはさらに数年先を行ってるなーと感心しました。


岡田監督 信念のリーダーシップ

サッカー日本代表の監督、岡田武史のリーダーシップやマネジメント技術について分析された書籍です。
2010年南アフリカW杯で、一次リーグを突破し、惜しくも決勝トーナメント初戦で敗れてしまいましたが、あのときの感動は、多くの日本人の記憶に残っていると思います。
選手たちは、日本最高の技術力を持っていますが、それぞれが独自の思想や個性、技術を持っています。そんな彼らを、どう統率し、勝利に導いていったのか、その手腕が紹介されています。
岡田監督のマネジメント論はビジネス界でも注目されていて、ときどき講演をしたり、テレビでも紹介されたりしています。書籍もビジネスに使える内容なので、ぜひご覧あれ。

岡田監督 信念のリーダーシップ―勝てる組織をどうつくるか

岡田監督 信念のリーダーシップ―勝てる組織をどうつくるか