読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Develop and Design Note

フロントエンドなデザイナーの覚書

第62回「html5とか勉強会」レポート(というかメモ)

第62回 HTML5とか勉強会スペシャル ー ブラウザ、次世代Web標準の最新動向とか - dots. [ドッツ]
2/20(土)に、hmtl5とか勉強会に行ってきました。
62回目となる今回は「ブラウザ、次世代Web標準の最新動向とか」ってことで、個人的にかな〜り気になるタイトルだったので、速攻で参加ボタン押しました。
簡単にですが、話された内容を紹介します。

続きを読む

パスを通すってなに?

ある日、Node.jsをインストール済みのPCで、nodeコマンドを使おうとした時、「そんなコマンドありません」って怒られました。

$ node -v
-bash node: command not found

原因を調べた結果、「パスを通す」という作業をしなきゃいかんようです。
しかし、Node.jsインストールした別のPCでは、そんな作業しなくても普通に使えてるんですけど。。。

ということで、いろいろ調べました。

続きを読む

この業界で生きていくために大切な3つの心がけ

IT企業で、Webサイトやアプリの開発、ときにマネジメントをして6年半が経ち、三十路も過ぎようとしています。
まだまだ修行中の身ではありますが、多少なりとも経験を積み、仕事を上手くこなしていくために大切なことがいくつかわかってきました。
僕自身の経験則みたいなところはありますが、年末ということで、この業界で、上手く仕事をこなし、生きていくために大切だと思った「3つの心がけ」をお伝えしようと思います。

続きを読む

compassのsprite-mapっぽい記法でgulp.spritesmithを使ってretina対応する方法

最近はGulpに代表される様々なタスクランナーがnpmで管理できるようになり、SassもGulpで扱えるようになりました。
そのSassのフレームワークとして、ひと昔前はCompassが人気でした。特にCSSスプライトを簡単にやってくれる「sprite-map」の機能はなかなか便利でしたね。
今回は、そのsprite-mapの代わりとなるGulpパッケージ「gulp.spritesmith」の使用例と、ちょっとコツがいるRetina対応の方法について紹介します。

続きを読む

JaveScriptの本格的な修行を始めます

JavaScriptはWebのUIを構成する言語の一つですが、最近は、サーバー側でもJavaScriptを実行できるNode.jsが普及してきました。
また、JavaScriptをベースとした次世代の技術、Web ComponentsService Workerが登場し、高い将来性も秘めています。

つまり、今、JavaScriptを極めなければ、時代に置いてかれてしまうという、大きな危機感を覚えると同時に、JavaScriptさえ極めれば、今後数年、数十年はWebの開発者として生きていけるのではないかという、希望が抱けます。

ということで、JavaScriptを本気で勉強します!

続きを読む

2015年10月度のflexboxの書き方

1年ぶりに業務でコーディング・・・が、早速つまずく。

「display:flexは、仕様やら、OSやら、端末やら、いろんなものがコロコロ変わったみたいだけど、今はどう指定すれば良いの?」

ってことで、flexboxの書き方を調べました。

続きを読む

Material Design Lite使ってみた

仕事でMaterial Design Liteに触れる機会があったので、いくつか感じとれた特徴を紹介したいと思います。

続きを読む